内科

 

内科

内科
 
当院にて診療可能な内科疾患は、消化器領域では、胃・十二指腸潰瘍、ウィルス性肝炎(B型、C型)、アルコール性肝疾患、胆石症、各種消化器がん等、循環器領域では高血圧症、虚血性心疾患、弁膜症などです。
呼吸器領域では、肺炎、気管支喘息、肺がん、結核などの診療を行っています。
また、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病も診療を行っています。
これらの疾患を血液検査、レントゲン写真、CT、胃カメラ・大腸ファイバー(生検・切除を含む)、気管支ファイバー、腹部エコー、肝生検、心エコー等を用いて
診断・治療を行っています。
さらに、当院で対応できない検査や治療は、大阪市立大学医学部附属病院をはじめ、近隣の医療機関のサポートを受けています。
 

診療時間

診療時間
 
午前診察
09:30~12:00
1診
(内分泌)

(肝胆膵)

(循環器)

(循環器)

(内分泌)
2診
(循環器)

(消化器)

(消化器)

(肝胆膵)

(循環器)
3診
(肝胆膵)

(肝胆膵・予約)

(肝胆膵)

(呼吸器)

(消化器)
4診
(呼吸器・予約)

(呼吸器・予約)
※午後
夜間診察
18:00~19:30
1診
 

当院の結核への取組み状況について

当院の結核への取組み状況について
 
1 結核罹患率(1年間の人口10万人当たりの新患者数)の傾向
  平成27年:全国14.4、大阪市34.4、あいりん地域446.5(新患者数96名)
         あいりん地域は全国の31倍と高くなっています。

2 結核患者の診察状況
(1)診察日
・毎週、月曜日・木曜日の週2回、内科(呼吸器)の診察枠で呼吸器専門医が診察(結核患者用の病室は当院にはありません)。
・火曜日は、潜在性結核感染症患者(結核に感染しているが発病していない患者)の診察を別途行っています。
・また、月曜日・水曜日の午後は西成特区の結核健診も実施しています。

(2)検査機器の充実
・平成23年4月に結核菌群及び非結核性抗酸菌(MAC)の核酸同定(TRC法)を、平成24年4月に結核菌群核酸同定検査(LAMP法)を導入し、約1~3時間で結核の確定診断ができます。

(3)検査後の流れ
診察の結果、結核の確定診断がついた場合
①患者が排菌されている(感染性がある)とき…当院には結核患者用の専用病室はないため、専門病室を備えた大阪市立十三市民病院等の結核専門病院に紹介し、入院治療して頂きます。そのため、当院で結核に感染することはありません。
②患者が排菌していない(感染性がない)とき…当院の外来で抗結核薬を投与して治療し、6~9か月間で治癒します。確実な治療を行うため、西成区保健福祉センターと緊密な連携をとり、患者のケアを行っています。
●受付時間
月から金曜日
(土曜日は予約者のみ)
 09:00~12:00
水・金曜日
(一部診療科のみ受付)
 17:30~19:30
●休診日
日曜日、祝祭日、年末年始
------------------------------
社会福祉法人大阪社会医療センター
〒557-0004
大阪府大阪市西成区萩之茶屋1-3-44
TEL:06-6649-0321
FAX:06-6645-5410
------------------------------
 
------------------------------
<<社会福祉法人大阪社会医療センター>> 〒557-0004 大阪府大阪市西成区萩之茶屋1-3-44 TEL:06-6649-0321 FAX:06-6645-5410